• Topページ > 
  • 医療関係者のための学会・講習会・セミナー情報 7月・8月
学会・講習会・セミナー
July 7月
KT TAPEセミナー[BASIC]in 大阪
日程/7月8日(土)
時間/午後6時~9時(受付:午後5時30分より)
会場/大阪会議室 梅田北新地店(大阪市北区曽根崎2-1-12 国道ビル3F)
内容/スポーツ現場ではスタンダードになりつつある、世界初合成繊維100%のキネシオロジーテープ「KT TAPE pro」のセミナー[BASIC]コース。研究データを使用したKT TAPEの機能説明など座学がメイン。3部位への基礎的な貼り方の実技も行う
※BASIC、ADVANCE、MASTERコースがあり、MASTERコース受講、テスト合格者には認定証を発行している
講師/原田武史
定員/30名(定員になり次第締切)
受講料/3,000円
お申し込み方法/webサイトより申し込む
問い合わせ/KT TAPE JAPAN(株式会社グランデ)
TEL:047-438-2424

FTEX Institute 第20回全体研修会
日程/7月8日(土)、9日(日)
時間/8日:午後1時~4時50分(懇親会:午後7時~)
時間/9日:午前9時(受付)~午後4時30分
会場/東建ホール(愛知県名古屋市中区丸の内二丁目1番33号東建本社丸の内ビル3F・4F)
テーマ/機能的な診方の本質にせまる
    ―FTEXの過去を振り返り、未来を探る―
研修会長/尾崎勝博(野崎東病院アスレティックリハビリテーションセンター)
内容/
8日(土)
研修会長講演「FTEXの過去と未来」
講師:尾﨑勝博(野崎東病院アスレティックリハビリテーションセンター)
座長:小林寛和(日本福祉大学健康科学部)
講演① 「動きをどう変えられるか―Knee-in & Toe-out改善の検証―」
講師:FTA:佐伯秀幸(愛媛十全医療学院) 
講師:FOI:岡戸敦男(公益財団法人スポーツ医科学研究所)   
講師:FEX:豊島英治(広瀬病院)   
座長:吉村直心(やまぎわ整形外科)
講演② 「前十字靱帯再建術の変遷と今思うこと」
講師:福田 潤(藤沢湘南台病院)
座長:坂本雅昭(群馬大学)
講演③「スポーツによる肩・肘関節障害の診方と治療」
講師:山崎哲也(横浜南共済病院)
座長:宮下浩二(中部大学)
懇親会(FTEX-Institute20周年記念パーティー)

9日(日)
パネルディスカッション
「私が考える機能的な診方とアプローチ―体感と再現―」
講師:1.肩関節:日野邦彦(帝京大学)
講師:2.体幹:高畑芳信(高岡市民病院)
講師:3.骨盤帯・股関節:平川信洋(鶴田整形外科)
講師:4.膝関節:吉田昌平(京都地域医療学際研究所がくさい病院)
講師:5.足部・足関節:木田貴英(NTT東日本札幌病院)
座長:川口浩太郎(兵庫医療大学)
代表講演演題名「動作から見た臨床への応用」
講師:川野哲英(はちすばクリニック)
座長:尾﨑勝博(野崎東病院アスレティックリハビリテーションセンター)
シンポジウム 「機能的視点に基づいた動きづくり―指導者からの提言―」
講師:1.テニス:小浦猛志(テニステクニカルアカデミー)
講師:2.陸上:吉田孝久(日本女子体育大学)
講師:3.剣道:紺野正紀(東京都立三田高等学校)
講師:4.ホッケー:小林和典(東海学院大学)
座長:松田孝幸(スポーツコンディショニングプロモーションJIN)
次期研修会長挨拶

定員/300名
参加費/全体研修会前納申込み15,000円、当日参加 18,000円
参加費/懇親会5,000円
申し込み方法/Webから申し込む
問い合わせ/FTEX Institute 第20回全体研修会事務局
E-mail:office20@ftex.org

KT TAPEセミナー[ADVANCE]in 東京
日程/7月9日(日)
時間/午前10時~午後1時30分(受付:午前 9時30分より)
会場/大阪会議室 梅田北新地店(大阪市北区曽根崎2-1-12 国道ビル3F)
内容/スポーツ現場ではスタンダードになりつつある、世界初合成繊維100%のキネシオロジーテープ「KT TAPE pro」のセミナー[ADVANCE]コース。臨床応用編として実技をメインに実践的なテーピングを習得する(10部位を予定)
※BASIC、ADVANCE、MASTERコースがあり、MASTERコース受講、テスト合格者には認定証を発行している
講師/原田武史
定員/30名(定員になり次第締切)
受講料/5,000円
お申し込み方法/webサイトより申し込む
問い合わせ/KT TAPE JAPAN(株式会社グランデ)
TEL:047-438-2424

第8回トレリンバスケまなび塾
──明日からすぐに実践に活かせるスキルアップのためのトレーニング
日程/7月15日(土)
時間/午後4時15分~6時(受付開始:午後4時より)
会場/川崎廃墟ビルでスポーツしよう(神奈川県川崎市川崎区日進町3−4、JR川崎駅より徒歩9分)
内容/「スキルアップのためのトレーニング」
講師/小坂井一弘氏(元JX-ENEOSサンフラワーズ ストレングス&コンディショニングコーチ)
定員/30名(定員になり次第締切)
参加費/事前振込 一般2,000円、学生(大学生、専門学校生)1,000円
    当日支払 一般2,500円、学生(大学生、専門学校生)1,500円
申し込み方法/申込みフォームまたは、E-malにて、件名を「第8回TBまなび塾」とし、氏名、所属名、一般または学生の別を明記して下記メールまで申し込む
問い合わせ/一般社団法人トレジャーリング
E-mail:torerinbbc1996@gmail.com

スポーツ栄養ガイドライン
『栄養とアスレティックパフォーマンス』
──アスリートの体重・体組成管理
日程/7月15日(土)
時間/午後1時~5時
会場/帝京科学大学 7号館7202教室(東京都足立区千住桜木2丁目2−1)
主催/スポーツ栄養勉強会(すぽべん)
後援/日本臨床栄養協会
内容/2016年3月に栄養と食事のアカデミー(前 アメリカ栄養士会)、カナダ栄養士会、アメリカスポーツ医学会の3機関合同でスポーツ栄養のガイドライン『Nutrition and Athletic Performance』が発表され、その日本語版が6月1日に発行された。本ガイドラインは、アスリートの食事の指針を示した国際的な基準として位置づけられており、このガイドラインに示された体組成・体重管理と日本の実情、目指す方向などを紹介する
プログラム/「スポーツ栄養ガイドラインの紹介」鈴木良雄(順天堂大学スポーツ健康科学部・すぽべん)
「体重・体組成の管理」小林唯(順天堂大学スポーツ健康科学部・すぽべん、國學院大學 人間開発学部)
「女性ジュニアアスリートにおける体重・体組成の管理」田澤梓(順天堂大学長距離陸上部・すぽべん、国立スポーツ科学センター)
「ジェフユナイテッドにおける管理」鈴木いづみ(順天堂大学スポーツ健康科学部・すぽべん、ジェフユナイテッド)
「チーム運営への活用」利渉 洋一(Jクラブスタッフ・すぽべん)
パネルディスカッション :全演者
※認定:NRサプリメントアドバイザー 登録更新認定講習会(5単位)
定員/200名(定員に達した場合、事前登録していない方の参加をお断りすることがあります)
参加費/2,000円(順天堂大学、帝京科学大学の学生は無料)
*資料:New Diet Therapy別冊「栄養とアスレティックパフォーマンス」
*資料:日本臨床栄養協会員は会報誌別冊を持参。会場で頒布(800円)。
*資料:アマゾンでも購入可(800円+税)
申し込み方法/WEBサイトより申し込む
問い合わせ/スポーツ栄養勉強会(すぽべん)

平成29年度第2回安全義務講習会
日程/7月16日(日)
時間/受付:午前9時30分より
安全義務講習会:午前10時5分~午後12時5分
応用講習会:午後1時5分~午後4時20分
会場/日本体育大学 世田谷キャンパス(東京都世田谷区深沢7-1-1、東急田園都市線『桜新町駅』徒歩15分)
主催/一般社団法人 関東大学バスケットボール連盟
運営/一般社団法人 関東大学バスケットボール連盟 医科学部
内容/安全義務講習会:「マルファン症候群 頭頸部外傷 熱中症 CPR ファースト・エイド」
小松孝行(順天堂大学医学部附属練馬病院 救急・集中治療科 助教)
星川精豪(江戸川大学男子バスケットボール部トレーナー)
応用講習会:「スポーツセーフティー ラグビー現場から」、「Bリーグチームでのコンディショニングサポート」
吉岡淳平(川崎ブレイブサンダース(B リーグ))
宮崎智之(キヤノンイーグルス(ラグビートップリーグ))
対象/(一社)関東大学バスケットボール連盟所属大学においてトレーナー活動を行っている者、現場においてトレーナー同等の活動を行っているスタッフ・学生・チーム関係者
参加費/関東大学バスケットボール連盟所属学生 安全義務講習会のみ参加:無料(連盟所属外は500円)
応用講習会:500円(当日徴収)
他学連所属学生・専門学校生:1,000円(当日徴収)
一般:1,500円(当日徴収)
※応急キット代: 500円
(安全義務講習会参加者のみ一律)
※連盟所属の応用講習会参加者は選手・スタッフ証の提示
申し込み方法/『一般社団法人関東大学バスケットボール連盟・第2回安全義務講習会申込みフォーム』から必要事項を記入し申し込む
申し込む締切/7月12日(水)必着
問い合わせ/一般社団法人関東大学バスケットボール連盟

スポーツ栄養ガイドライン
『栄養とアスレティックパフォーマンス』
──エネルギー、体重管理と微量栄養素を考える
日程/7月23日(日)
時間/午後1時~5時30分
会場/立正大学品川キャンパス11号館大教室1151教(東京都品川区大崎4丁目2番16号)
主催/NPO法人 日本市民スポーツ海外交流協会、スポーツ栄養勉強会(すぽべん)
後援/日本臨床栄養協会
内容/アスリートの食事の指針を示した国際的な基準である『栄養とアスレティックパフォーマンス』日本語版が発表された。本セミナーでは、ここに示されたエネルギー摂取、体重管理と微量栄養素について、ガイドラインと日本の実情を紹介し、目指す方向を考える。
プログラム/各種連絡
「スポーツ栄養ガイドラインの全体像」鈴木いづみ(順天堂大学スポーツ健康科学部・すぽべん)
「エネルギーアベイラビリティ、体重・体組成管理」田澤梓(順天堂大学長距離陸上部・すぽべん、国立スポーツ科学センター)
「運動のエネルギー消費量とエネルギー基質」岩山海渡(国立スポーツ科学センター、日本市民スポーツ海外交流協会) 
「ガイドラインの大学バスケットボールへの応用」小林唯(順天堂大学スポーツ健康科学部・すぽべん、國學院大學 人間開発学部)
「ガイドラインが示す微量栄養素(鉄、ビタミンD)の意義」鈴木良雄(順天堂大学スポーツ健康科学部・すぽべん、日本市民スポーツ海外交流協会)
総合討論
※認定:NRサプリメントアドバイザー 登録更新認定講習会(5単位)
定員/315名(定員に達した場合、事前登録していない方の参加をお断りすることがあります)
参加費/2,000円(立正大学生は無料)
*資料:New Diet Therapy別冊「栄養とアスレティックパフォーマンス」
*資料:日本臨床栄養協会員は会報誌別冊を持参。会場で頒布(800円)。
*資料:アマゾンでも購入可(800円+税)
申し込み方法/WEBサイトより申し込む
問い合わせ/スポーツ栄養勉強会(すぽべん)

「INDIBA® activ」新企画!
アクティブ スペシャル座談会
~トレーナーに聞くスポーツ現場の実際~
日程/7月23日(日)
時間/午後5時30分~7時
会場/(株)インディバ・ジャパン 東京本社セミナールーム
内容/コリジョンスポーツの現場で多くの選手に対して「INDIBA® activ」を使っていただいている、吉永氏、海野氏両名に、現場での使い方、成果や経過についてお話しいただく
講師/吉永孝徳(NATA-BOC公認トレーナー、アメリカンフットボール オービックシーガルズ ヘッドアスレチックトレーナー、株式会社IBC代表取締役、インディアナ州立大学大学院アスレティックトレーニング学科修士課程修了)
海野祐生(柔道整復師 日体協公認アスレティックトレーナー、スポーツ堂接骨院城北院 院長、静岡聖光学院高校ラグビー部 ヘッドアスレティックトレーナー、U-18ラグビー日本代表 トレーナー、ラグビーU-20、女子日本代表トレーナー、スーパーラグビー・サンウルブズアシスタントトレーナーを歴任)
司会:清家輝文(編集工房ソシエタス 代表、月刊スポーツメディスン編集人)
定員/30名
参加費/無料
申し込み方法/HP内の「申し込みフォーム」に記入し、下記FAXへ送信し申し込む
問い合わせ/株式会社インディバ・ジャパン
TEL:03-5768-8871
FAX:03-5768-8872
E-mail:miyak@indiba.co.jp

物理療法セミナー(物療の基礎、臨床応用など)
in 新潟
日程/7月30日(日)
時間/午前10時~午後2時30分 (受付 午前9時30分より)
会場/デンカビッグスワンスタジアム 会議室5(新潟市中央区清五郎67-12)
内容/電流や超音波など物理療法機器の基礎、臨床応用などをお伝えする無料セミナー。電流の周波数やパルス幅って?超音波の当て方のコツは?など、日々お使いの物理療法についてさらに効果を出していただくためのセミナー。当社製品をお持ちでない方も参加いただけます
講師/酒井医療株式会社 物理療法担当
定員/30名(定員になり次第締切)
受講料/無料
申し込み方法/webサイトより申し込む
問い合わせ/酒井医療株式会社
TEL:03-5227-5775



August 8月
第2回スポ.ラボ&スポーツクラウド合同セミナー
ケガせず強くなるための最新知見と方法
――AT・理学療法士・コーチ・医師の視点から
日程/8月12日(土)
時間/午前の部:午前10時30分~午後1時15分、午後の部:午後1時30分~午後4時20分(受付開始午前10時10分より)
会場/大阪産業創造館 会議室 E(本町駅より徒歩10分)
内容/【午前の部】
「ケガせずパフォーマンスが高い選手の特徴」亀山顕太郎(スポラボ代表、理学療法士)
「人工知能を用いた動作分析の試み」石井壮郎(スポラボ代表、整形外科医)
「アマチュアスポーツで活用するスポーツICT」佐藤哲史(株式会社Sports Multiply、アスレティックトレーナー)
【午後の部】
「コーチング現場視点から、パフォーマンス向上と傷害予防の両立を目指した練習計画の設定――走指導を例に」荒川優(株式会社スポーツクラウド代表(スプリントコーチ)
「スポーツ傷害予防と身体運動パフォーマンス向上に続く回旋運動――体幹・股関節・足部」中尾哲也(関西医療大学 保健医療学部講師、理学療法士、公認アスレティックトレーナー)
「スポーツ現場における運動器エコー評価の可能性」疋田佳希(aruck lab 代表、理学療法士、理学療法学 修士/認定 スポーツ-脳卒中))
対象/理学療法士、トレーナー、学生、その他興味のある方
参加費/1日:8,000円、学生7,000円
参加費/半日:5,000円、学生4,000円
申し込み方法/以下のメールアドレスまたはHP内の「申し込みフォーム」(https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSefoAmANw8OzjvXfh01FAy8OvWWUi49p74W38lUJCTowMugIQ/viewform)から、「名前」「所属」「連絡先メールアドレス」「職種」「セミナー参加希望時間帯」「セミナーで取り扱って欲しい内容について」をご記入のうえ、申し込む
問い合わせ/スポ.ラボ
E-mail:supo.lab@gmail.com

シンポジウム
「これで防げる 学校体育・スポーツ事故」
日程/8月27日(日)
時間/午後1時30分~午後5時(開場:午後1時)
会場/早稲田大学3号館301号室(東京都新宿区西早稲田1-6-1)
共催/一般社団法人 日本スポーツ法支援・研究センター、NPO法人Safe Kids Japan、早稲田大学法学部
後援/公益財団法人日本中学校体育連盟、公益財団法人日本高等学校野球連盟、国立研究開発法人産業技術総合研究所、日本教育法学会、日本スポーツ法学会、早稲田大学スポーツ科学学術院
内容/繰り返される「サッカーゴール転倒事故」「組体操事故」「ムカデ競走事故」から子ども達を守るために~各分野の専門家が一堂に会し、学校において体育・スポーツ活動中の事故が繰り返されている現状を踏まえ、事故の原因を科学的に検証し、具体的な予防策を提示する
【パネルディスカッション】
1)サッカー・ハンドボール「ゴール転倒事故のメカニズムと予防のための提言」
山中龍宏(NPO 法人 Safe Kids Japan 理事長/小児科医)
2)「組立体操(タワー、ピラミッド)事故のメカニズムと予防のための提言」
三宅良輔(日本体育大学体育学部教授)
西田佳史(NPO法人 Safe Kids Japan理事/国立研究開発法人 産業技術総合研究所 人工知能研究センター首席研究員)
3)「ムカデ競走事故のメカニズムと予防のための提言」
東山礼治(北里大学病院 整形外科学助教)
磯部 広(富士市教育委員会)
4)ディスカッション
事故予防のための提言および閉会のあいさつ:阿部新治郞(神奈川県弁護士会)
定員/250名(先着)
対象/ご興味ご関心をお持ちの方は、どなたでもご参加可
申し込み方法/申し込みフォームから申し込む
参加費/無料
問い合わせ/中川義宏(下山法律事務所)
TEL:03-3436-2338(受付時間 :平日・午前 10時~午後5時)
E-mail:koredefusegeru@gmail.com

脊柱とのつながりから診る「変形性股関節症」
――神経生理で決まるアプローチ
日程/①8月27日(日)
日程/②9月3日(日)
日程/③9月10日(日)
日程/④9月17日(日)
日程/⑤9月24日(日)
日程/⑥10月1日(日)
会場/①静岡県浜松市/長崎県
会場/②千葉県/鹿児島県霧島市
会場/③東京都港区/岡山県
会場/④長野県長野市/熊本県
会場/⑤茨城県/奈良県奈良市
会場/⑥埼玉県/福岡県福岡市
※同日に2会場で開催
※会場の詳細は、HPを参照
時間/すべて午前10時~午後4時(受付:午前9時30分~)
内容/近年、筋膜や内臓をはじめさまざまな “つながり” が指摘されている。脊柱にアプローチをすると、膝の痛みが変化したり、筋肉が緩んだり…。など、なんとなく感じている人も多いのではないでしょうか。しかし、過去のヘルニアを起点とするL5/S1の問題で、股関節の関節包に影響が出ている…など、脊柱と四肢の神経生理学的な “つながり” を理解し、アプローチを選択できている方は少ない。脊柱と四肢の神経生理学的なつながりを理解すれば、徒手的な検査だけでなく、なぜ「既往歴」や「仕事や生活環境」の情報が必要なのかわかります。そこで、今回のセミナーでは、5時間かけて脊柱とのつながりから、どのように問診や評価を行い、アプローチを選択していくのか学ぶ
講師/土屋潤二(日本オランダ徒手療法協会・代表理事)
講師/日本オランダ徒手療法士協会認定インストラクター
定員/各会場30名(先着順)
受講料/事前振込5,000円 (当日支払い5,500円)
申し込み方法/お申し込みフォームに必要事項を明記し申し込む。
問い合わせ/日本オランダ徒手療法協会事務局(担当:渕上)
問い合わせフォーム
DMTスクール